sh

Dr. SH

当院先天性心疾患チーム立ち上げの中心人物。熱心な姿勢、聡明な頭脳と女性ならではの感性で日々現場の難問を解いています。
・・・癒し系です

過去記事

 ACHD診療の流れとACHDチームの役割

 今回は、ACHD診療の流れとACHDチームの役割(特に治療介入が必要な病態把握の検査の流れ)について考えたいと思います。
 前回も言及しましたが、ACHD診療を、偏りなく、かつスムーズに進めるためには、科やチームを超えた協力が必須です。 ACHD診療で混乱が起こりやすい原因の一つが、どの科が最初の受診の窓口になるのかが(現時点では)不明確であることだと思っています。 例として、幼少期に手術を受けた既往がはっきりしているACHD患者さんは、それまで小児科で診療を受けてきていることが多いと思われ、小児科に受診することが多いと考えられます。 一方、初発急性心不全で判明した高齢者のACHD患者さん(ASDなどの患者さんが多いと思われます)は、成人の心臓内科や心臓血管外科に受診すると考えられます。 また一方で、成人医療への移行期の段階等でフォローアップ中断となってしまったACHD患者さんは小児、成人の科どちらにも受診する可能性があります。 それぞれ内科・外科があり、当院の場合、科として少なくとも4つの窓口があることになります。また、一つの科にもそれぞれ異なる種類の外来があります。 いずれの外来に受診になったとしても最初の受診後からチームや科を超えた連携が必要で、そこで、ACHDチームが役割を担うこととなります。ACHD診療の流れとACHDチームの役割を下図にまとめてみました。




 ACHD診療の流れ、特に治療介入が必要な病態把握の検査の流れには、各段階(〈外来/入院〉や〈侵襲度〉)があると考えます。 外来での一般的な初期検査(Primary survey)のあとすぐにACHDチームが加わり、その時点での病態の評価や、次に行うより侵襲度の高い検査(Secondary survey)の計画をします。 カテーテル検査は侵襲度も高く、入院で行う検査のため、それ以前の画像検査や経食道心エコー検査等から予想される病態の最終確認の検査として、最終的な検査であることが多いです。 また、その一歩前の画像検査や経食道心エコー検査も、初期検査で得られた情報から病態と合併疾患を予測し、「何を見るか」により検査の内容が変わってくることから、 これらの検査の計画はスムーズな流れに大きく関与します。外来診療の早期にACHDチームが関与、議論することで、患者さんにもっとも負担が少なく、かつ正確な病態評価を目指せると考えます。 その後、各検査所見から最終的な病態をまとめ、必要な治療を議論することになります。治療後はさらにその後の検討を重ねる必要があることもあります。
 今回は主な診療の流れをまとめましたが、まだ十分機能しているとはいえず、今後の課題、「目標」として提示させていただきました。
 今後この流れが「あたりまえ」になれれば、また一歩前進できるのではないかと思います。

achd