成人先天性心疾患
Adult Congenital Heart Disease: ACHD

ACHD診療の特徴

 ACHD診療は、診断、治療(手術)、および術後フォローなどの身体的問題のほかに、精神的 ・社会的側面も考慮した包括的な診療が要される、チームとしての総合力がカギになる分野です。

   

なぜ今ACHD?

 ACHD診療は長らく小児科(小児循環器科)や小児心臓外科の医師が担っていました。この数十年間における先天性心疾患診療の進歩は目覚ましく、特に手術や周術期集中治療等の治療成績が向上してきました。そのおかげで、近年は先天性心疾患を持った多くの患児が次々と成人を迎えることができるようになりました。しかしながら、患児が成人になると、成人性疾患の合併、再手術の必要性、妊娠・出産ないしは就業等の社会的問題など新たな課題に直面します。このような複雑な問題に対応するために、主に小児を診療しているグループと、主に成人を診療しているグループが密に連携して多角的な診療を進めていく必要性が出てきました。

当院のACHD診療の取り組み

 当院は小児の心臓科・心臓血管外科と成人の心臓内科・心臓血管外科が揃っており、随時意見交換しながら非常に分厚い布陣でACHD診療にあたっています。 現場では診療科の垣根を越えて担当医レベルで意見交換して方針をすり合わせています。合同カンファレンスではほとんどすべての関係者が参加し、 病状の評価、手術などの治療方針、術後の経過、およびフォローアップの方法等の詳細な議論がなされます。カテーテルや手術などの手技も複数科のスタッフで協力して施行しています。


 ACHD cath quick calculatorはこちら

診療
  •  成人期まで侵襲的治療を受けてない患者の侵襲的治療
  •  小児期に手術を受けた患者の評価や再手術等の介入
  •  術前・術後患者の不整脈デバイス治療やアブレーション治療
  •  内科的管理
  •  成人先天性心疾患外来でのフォロー
カンファレンス
  •  ACHD合同カンファレンス(月1回)(オンライン会議も併用)
研究・レジストリー
  •  インハウス後ろ向き研究
  •  多施設共同レジストリー(JNCVD-ACHD)
ACHD.hub