冠動脈疾患
Coronary Artery Disease: CAD

CAD診療の特徴

 CADは急性冠症候群(ACS)、冠攣縮性狭心症、安定型狭心症、あるいは虚血性心筋症などの一連の疾患を含み、臨床現場では比較的頻度の高い分野です。 冠動脈の適時適切な治療は心機能の劇的な改善に直結することが多く、循環器診療の現場ではまずCADの存在を念頭に入れておく必要があります。

   

なぜ今CAD?

 冠動脈治療は視覚的わかりやすく、ACSなどの場面では血行動態の劇的な効果が得られることが多いため、たくさんの治療件数が施行されてきました。 近年になり、特に安定型狭心症においてカテーテル治療等侵襲的介入を行わないoptimal medical therapy(OMT)の有効性も見直されおります。 全国的・全世界的に冠動脈治療の成績が集積され現場にフィードバックされてきており、まさにOMTも含めた冠動脈治療の領域では“量より質”が重要視されています。 近年の血管内画像や機能的狭窄評価のためのモダリティの進化も冠動脈血行再建適性の質向上に寄与しています。

当院のCAD診療の取り組み

 救命救急センターの協力下で24時間救急体制を敷いており、primary PCI直後には集中治療管理を行いつつも早期離床をはかって心臓リハビリテーションが介入しております。 安定型狭心症に対しては以前から各種モダリティ(主に負荷心筋シンチ、FFR/iFRなど)を用いて虚血評価を積極的に行っており適正な血行再建を心がけています。 特殊カテーテル(rotablator/ELCA/Diamondback)を用いてアテレクトミー・デバルキングを行っており、複雑病変には適時習熟した医師にプロクタリングを依頼し、一緒に診療にあたっています。 多枝病変や併存疾患がある場合は心臓血管外科と協議して積極的に冠動脈バイパス手術を依頼しています。

診療
  •  緊急カテーテル検査、ACSのprimary PCI
  •  安定型狭心症の治療:stentless PCI、CTO、各種アテレクトミー
  •  血管内画像検査:OCT、IVUS
  •  虚血評価:負荷心筋シンチグラフィー、FFR/iFR
  •  内科的管理
  •  PCIフォローアップ外来
  •  
 
カンファレンス
  •  カテーテルカンファレンス(毎日)
  •  非常勤指導医カンファレンス(週1回)
研究・レジストリー
  •  インハウス前向き研究(脂質関連、石灰化関連)、後ろ向き研究
  •  多施設共同研究・レジストリー(J-PCI, ISCHEMIA-extended, NonSTEMI Registry, OPTIVUS, STAR-ACS, OPTIMA-AF, ARCADIA)
ACHD.hub