構造的心疾患
Structural Heart Disease: SHD

SHD診療の特徴 

 SHDの概念は少々難しく、弁膜症や先天性心疾患以外に、肺動脈疾患や腎動脈など、一般的にはカテーテル治療が可能な冠動脈以外の器質的心血管をカバーしています。

なぜ今SHD?

 この分野の心血管カテーテル治療は近年技術的進化と共に急峻に発展してきました。今までの治療ができなかったいくつもの疾患でカテーテルを用いた低侵襲新規治療が導入され、また一部は外科治療とハイブリッド型で共存し、治療最適化が進んでいます。最近は標準化されている分野も増えてきており、診療ガイドラインにも大きく影響してきております。各学会でも積極的に経験やノウハウが共有され、従来の診療パラダイムが大きく変化してきています。

当院のSHDに対する取り組み

 大動脈弁狭窄(AS)に対して心臓血管外科と協力して経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の手技にあたっています。僧帽弁閉鎖不全(MR)には、経皮的僧帽弁形成術(MitraClip)を行っています。僧帽弁狭窄症(MS)には経皮的僧帽弁形成術(PTMC)を行っています。心房中隔欠損症(ASD)や卵円孔開存(PFO)には小児心臓科医師の指導のもと経カテーテル的閉鎖術を行っています。また適時外部の経験豊富な医師に指導を受け、慢性血栓性肺高血圧症(CTEPH)に対するバルーン肺動脈形成術(BPA)や閉塞体肥大型心筋症(HOCM)に対して経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)を行っています。 SHDではほとんどすべてケースで熟練したEchocardiologistの指導のもと術前評価を行い、術中エコー管理下で手技を行っています。

診療
  •  弁疾患:ASに対するTAVI、MRに対するMitraClip、MSに対するPTMC
  •  先天性心疾患:ASD/PFOに対する経カテーテル的閉鎖術
  •  その他:CTEPHに対するBPA、HOCMに対するPTSMA
  •  外来:TAVI外来、MitraClip外来
    
カンファレンス
  •  合同カンファレンス:TAVIカンファレンス(各症例毎)、MRカンファレンス(週1回)
研究・レジストリー
  •  インハウス前向き研究(MRバイオマーカー関連)、後ろ向き研究
  •  多施設共同レジストリー(MitraClip, TAVR registry)
SHD.hub