不整脈
Arrhythmia

不整脈診療の特徴

 不整脈に対する薬物治療のほかに、電気生理学的検査(EPS)、カテーテルアブレーション治療(RFCA)、ペースメーカー治療(PMI)、埋め込み型除細動器(ICD)、心臓再同期治療(CRT)など、不整脈に関する幅広い領域をカバーします。

   

なぜ今不整脈診療?

 不整脈は多くの心疾患に合併するためもともと頻度が高い疾患群です。 加齢性に増加する不整脈も多く、今般の高齢社会に於いてその患者数は大幅に増加しています。 近年の不整脈治療は著しく発展しており、中でもアブレーション治療やデバイス治療はその代表例です。 このような治療はQOLを向上させるだけでなく、生命予後を改善することも可能となってきており、この分野の新規治療の需要はますます高まることが予想されます。

当院の不整脈診療の取り組み

 当院は頻脈性不整脈に対してのRFCAを本邦導入初期から行っています。 詳細なEPSとこれまでの経験に基づき不整脈の診断を行い、手技の成功率向上に繋げています。 また、3Dマッピングシステムは全システムを採用しており症例毎に適切なシステムを選択して治療を行っています。 成人先天性心疾患に合併した不整脈治療に関しても小児心臓科と協力して積極的にEPSやRFCAを行っています。 デバイス治療でも心機能低下患者に対しての一次予防としてのICDや、CRTの適応の有無を検討し心不全患者に対する治療を行っています。 デバイス感染患者に対するリード抜去術も行っており、他院からの紹介によるリード抜去の依頼も担当しています。不整脈関連遺伝子診断も行っています。

診療
  •  頻脈性不整脈に対するアブレーション治療、徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療
  •  植込み型ループレコーダーを用いた不整脈診断(ILR)
  •  心臓突然死予防のための除細動器治療(TV-ICD、S-ICD)、心不全治療のためのペーシング療法(CRT-D、CRT-P)
  •  遠隔モニタリングを用いたデバイス診療
  •  リード抜去術(感染例、非感染例)
  •  成人先天性心疾患合併の不整脈治療
  
カンファレンス
  •  不整脈合同カンファレンス(週1回)
  •  不整脈カンファレンス(毎日)
  
研究・レジストリー
  •  多施設共同レジストリー(J-AB、J-LEX、JCDTR、Reveal LinQ Registry)
  •  多施設共同研究(RYOUMA研究、ANAFIE研究、stabled試験、Appraise ATP試験、EMPA-ICD試験)
arrhythmia.hub